2016.04.14

マカヒキに乗り替わりの心配なし。父ディープの再現あるぞ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu  photo by Kyodo news

皐月賞「3強」の思惑(3)
マカヒキ編

運動を終え、引き揚げるマカヒキ。右は管理する友道康夫調教師

 今年のGI皐月賞(4月17日、中山芝2000m)は、2歳チャンピオンのリオンディーズ(牡3/父キングカメハメハ)、GIIIきさらぎ賞(2月7日/京都・芝1800m)まで3戦3勝のサトノダイヤモンド(牡3/父ディープインパクト)、そして同じくGII弥生賞(3月6日/中山・芝2000m)でリオンディーズを下して、3戦無敗のマカヒキ(牡3/父ディープインパクト)の3頭による"3強"がその主役と目されている。

 これまでのレースぶりから甲乙つけがたい3頭の実力だが、その一方で、この3強にそれぞれ不安要素がある点も、ファンの選択を迷わせる要因となっている。例えば、跳びの大きいリオンディーズは小回りでの対応力、サトノダイヤモンドは1990年以来途絶えている、きさらぎ賞からの直行ローテーションといったもの。

 中でもマカヒキは、これまでに皐月賞で勝ち鞍がないディープインパクト産駒、この馬に初騎乗となる川田将雅騎手への手替わり、過去20年で3頭(01年アグネスタキオン、05年ディープインパクト、10年ヴィクトワールピサ)しか勝利していない弥生賞勝ち馬、同じ血統背景を持つ姉のウリウリは短距離馬など、3強の中では憂慮すべき点が多く、前哨戦を好内容で勝っていながら3番手評価とする声も多く聞かれる。