2016.04.15

桜花賞の再現か。皐月賞で「3強崩し」を狙える馬は4頭いる

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 ゲートインが間近に迫ってきたGI皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)。牡馬クラシックの開幕戦となるこのレースは「近年まれに見るハイレベルな戦い」と言われている。その中心にいるのが、「3強」と目される大物3歳馬たちだ。

 まずは、3戦3勝で本番に挑む2頭。サトノダイヤモンド(父ディープインパクト)と、マカヒキ(父ディープインパクト)である。サトノダイヤモンドはGIIIきさらぎ賞(2月7日/京都・芝1800m)を圧勝し、マカヒキはGII弥生賞(3月6日/中山・芝2000m)で強敵を下してきた。それぞれ、底を見せていないディープ産駒だ。

 もう1頭は、昨年のGI朝日杯フューチュリティS(2015年12月20日/阪神・芝1600m)の覇者リオンディーズ(父キングカメハメハ)。前走の弥生賞ではマカヒキの2着に敗れたものの、その差はわずかクビ。史上初めてキャリア2戦目で朝日杯を制した馬であり、ポテンシャルの高さは相当なものだ。

 はたして、この3頭がどの順番でゴール板を通過するのか――それが今年の焦点となっている。が、実際にこの「3強」で決まりなのか。「3強」に割って入る馬は本当にいないのだろうか。

 そこで、皐月賞の歴史を振り返って”3強崩し”の可能性を探ってみたい。

 過去10年において、戦前に「3強」と評された年が3度ある。その際の結果は次頁のとおり。