2016.03.27

皐月賞まであと3週間。「3強」の中で最も強いのはどの馬か

  • text by Sportiva
  • photo by Murata Toshiyuki

2016年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第4弾)

 牡馬クラシック第1弾の皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)が近づいてきた。

 その本番を前にして、3月には注目のトライアル戦が東西で開催された。関東では、3月6日にGII弥生賞(中山・芝2000m)が、3月20日にGIIスプリングS(中山・芝1800m)が行なわれ、関西では3月19日にオープン特別の若葉S(阪神・芝2000m)が行なわれた。

無敗で弥生賞を制してクラシックの「主役」に躍り出たマカヒキ 2歳王者のリオンディーズが出走した弥生賞は、そのリオンディーズをゴール前で差し切ったマカヒキが快勝。デビュー3戦3勝で本番に挑む。

 スプリングSでは、ディープインパクト産駒のマウントロブソンが勝利。未勝利勝ちから3連勝を飾って、皐月賞の出走権を獲得した。

 また、若葉Sはナムラシングンとの叩き合いを制したアドマイヤダイオウが勝利。こちらも未勝利、500万条件、オープン特別と3連勝を決めて、東上切符を手にした。

 今回は、これらの結果と経過を踏まえて、牡馬クラシック戦線を占う『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牡馬の、現時点における実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。