2016.03.25

有力馬回避、逃げ馬だらけで大混戦の高松宮記念を制するのは?

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu   photo by Yamane Eiichi/AFLO

 3月27日に行なわれるGI高松宮記念(中京・芝1200m)は、非常に難解な一戦の様相を呈している。というのも、今週に入って、香港から遠征してきた昨年の覇者エアロヴェロシティ(セン8)が千葉県白井の競馬学校から中京競馬場に移動する当日にセン痛を発症。さらに23日水曜日には、前哨戦のシルクロードステークス(京都・芝1200m)を制したダンスディレクター(牡6)も状態に違和感を覚えたことから、レースを回避することになった。

 人気どころの相次ぐ戦線離脱によって、有力馬が絞られるかと思いきや、ことはそう簡単ではなく、むしろ混戦模様となりそうだ。

前哨戦、阪急杯を制し、1番人気が予想されるミッキーアイル

 まず1番人気と目されるのが、昨年の3着馬で、今年初戦のGIII阪急杯(2月28日/阪神・芝1400m)で逃げ切り勝ちを収めたミッキーアイル(牡5)である。一昨年のGI NHKマイルカップ(東京・芝1600m)を持ち前のスピードを生かして逃げ切ったが、古馬になってからはしばらく控える競馬を続けてきた。しかし、前走で一転、再び逃げの手に出ると、1分19秒9のコースレコードタイで後続につけ入る隙を与えずに押し切ってみせた。久々の逃げで力を示したことで、陣営は控えるよりも逃げたほうが能力を発揮できると判断。レース後にも音無秀孝調教師からは、高松宮記念も果敢に攻めることが示唆された。

 しかし、強力な逃げ馬はミッキーアイルだけではない。