2016.03.23

二冠馬ドゥラメンテ、ドバイで世界デビュー戦を飾れるか

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yoshifumi Nakahara/AFLO

 いよいよ今週土曜3月26日、アラブ首長国連邦のドバイ・メイダン競馬場で2016年国際競馬の幕開けを告げるドバイワールドカップデーが開催される。1着賞金600万USドル(約6億7000万円)のGIドバイワールドカップ(ダート2000m)をメインに、6つのGI を含む9つの国際招待競走に、今年も世界中から強豪が集結。そして、日本からも6つの競走に合計10頭が挑戦する。

日本ダービー以来となる中山記念を快勝した二冠馬ドゥラメンテ

 日本の競馬ファンとしては、なんといっても、昨年の二冠馬ドゥラメンテのGIドバイシーマクラシック(芝2410m)での走りが最大の関心となる。ドゥラメンテは休み明け初戦のGII中山記念(2月28日/中山・芝1800m)を快勝した内容に、3月6日終了時点で発表された競走馬の世界ランキングである、「ロンジンワールドベストレースホースランキング」の最新版で、121ポイントの暫定首位タイの評価を与えられた。

 今回のドバイ挑戦については関係者の中で慎重に協議がされた。出走するからにはぶざまな競馬はできない。秋にはフランスのGI 凱旋門賞挑戦が計画されており、遠征によるダメージが残ることも避けなければならない。かといって、国内に残っても適したレースが少なく、それはそれで調整が難しくなる。すべてを踏まえたうえでの参戦だけに、勝負気配も高いといえる。昨年、オーストラリアと香港でGI を勝っている堀宣之厩舎の手腕も心強い。