2016.03.21

蛯名騎手が早々にクラシックの相棒に指名したディーマジェスティ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

2016年クラシック候補たち
第8回:ディーマジェスティ

 古くから、春のクラシック戦線を占ううえで、注目されてきた重賞レースがある。例年、2月に行なわれているGIII共同通信杯(東京・芝1800m)だ。事実、ここ数年の勝ち馬を見ても、のちに3歳クラシックを制した馬の名前が並んでいる。

 2014年の覇者イスラボニータは、その後にGI皐月賞(中山・芝2000m)を制覇。日本ダービー(東京・芝2400m)でも2着と健闘した。2012年の優勝馬ゴールドシップも、のちに皐月賞馬となっている。さらに、昨年の勝ち馬リアルスティールは皐月賞で2着と好走し、2着馬のドゥラメンテが皐月賞と日本ダービーの二冠を達成した。

 そして今年も、このレースを制して意気揚々とクラシックに臨む馬がいる。二ノ宮敬宇厩舎(美浦トレセン/茨城県)に所属する、ディーマジェスティ(牡3歳/父ディープインパクト)である。

クラシックで結果を出している共同通信杯の勝ち馬ディーマジェスティ 昨年9月にデビューした同馬は、初戦、2戦目と苦杯をなめた。それぞれ最速の上がりをマークしながら、逃げ馬をわずかに捕らえ切れなかったのだ。それでも、3戦目の未勝利戦で初の白星をつかむと、GIIホープフルS(2015年12月27日/中山・芝2000m)に果敢に挑戦した。が、レース当日にフレグモーネ(※皮下組織の化膿)を発症。無念の出走取り消しとなった。