2016.02.26

サトノダイヤモンド急上昇! 激戦の牡馬クラシック戦線に「異変あり」

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

2016年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第3弾)

 牡馬クラシックの第1弾となる皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)まで、残り2カ月を切った。その大舞台を目指す若駒たちの戦いは、一段と熾烈さを増している。この2月には、3月のトライアル戦を前にして、きさらぎ賞(2月7日/京都・芝1800m)、共同通信杯(2月14日/東京・芝1800m)という、注目の重賞レースが行なわれた。

デビューから3連勝できさらぎ賞を制したサトノダイヤモンド それぞれ、本番でも主役となりうる有力馬たちが出走。きらさぎ賞では、話題の「大物」サトノダイヤモンドが3連勝で重賞初勝利を飾った。一方、共同通信杯では、ハートレー、スマートオーディンといった期待の重賞ホルダーが惨敗し、大波乱となった。

 まさに明暗分かれた”前哨戦”。今回は、これらの結果と経過を踏まえて、牡馬クラシック戦線を占う『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牡馬の、現時点における実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。