2016.02.19

3歳牝馬「絶対女王」メジャーエンブレムを脅かす存在はいるのか

  • text by Sportiva
  • photo by Murata Toshiyuki

2016年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第3弾)

 3歳牝馬クラシック第1弾の桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)まで、すでに2カ月を切った。

 先週は、本番を見据えたトライアル戦を前にして、東京競馬場ではGIIIクイーンC(2月13日/芝1600m)が行なわれた。同レースには、クラシック「大本命」の2歳女王メジャーエンブレムが登場。序盤から先頭に立ってペースを握ると、ハイペースをそのまま押し切って、後続に5馬身もの差をつけて圧勝した。桜花賞本番に向けて、その強さを改めてアピールした格好だ。

年明け初戦のクイーンCでも圧倒的な強さを見せたメジャーエンブレム 今回は、これらの結果と経過を踏まえて、牝馬クラシック戦線を占う『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牝馬の、現時点における実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。