2015.11.24

【競馬】ジャパンカップ的中へ、クセ馬ゴールドシップを徹底データ解析

  • 平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki  村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

世界が注目! ジャパンカップ有力馬プレビュー(1)

 今年のジャパンカップ(GI、11月29日/東京・芝2400メートル)出走馬一の実績を誇るのは、現役最多賞金獲得馬でもあるゴールドシップ。GI6勝を誇り、数々の話題を提供してきたこのスターホースも、この秋の2戦で引退となる。過去のデータや常識に当てはまらない破天荒なタイプではあるが、今回のGIジャパンカップにおけるゴールドシップの取捨を、血統面を中心に分析してみよう。

宝塚記念以来の出走となるゴールドシップ。買いか、切りか? 取捨が難しい1頭

【レース間隔】
 今回のジャパンカップは、GI宝塚記念(15着、6月29日/阪神・芝2200メートル)以来、約5カ月ぶりの出走となるのが大きなポイント。これまでの最長間隔は3歳時のGI日本ダービーからGII神戸新聞杯までの中16週だったので、今回の21週はそれを上回る。ゴールドシップ自身は、同様に夏を越した前述のGII神戸新聞杯を勝利しているし、他の休み明けでも、久々が敗因と思えるような走りは見せておらず、休み明けは気にしないでよいだろう。ただ、20週を超える休み明けは初めて。ステイゴールド産駒のデータを見ても、中20週以上の出走で平地重賞の馬券圏内(3着以内)に入った馬はいない。

●結論
 自身は休み明けを苦にしないが、過去最長の20週を超える休み明けはやや不安