2015.11.25

JC本命のラブリーデイ、急成長のわけは「馬が自分で猛練習する」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

世界が注目! ジャパンカップ有力馬プレビュー(2)

 国内最高の優勝賞金(3億円)を誇るGIジャパンカップ(東京・芝2400m)。11月29日に迫ったこの一戦において、主役を務めるのは、充実一途のラブリーデイ(牡5歳)だ。

 2012年夏にデビューしてから昨年までは、17戦して3勝。何度となく挑戦した重賞タイトルは、一度も手にすることはできなかった。しかし今年に入ってから、GIII中山金杯(1月4日/中山・芝2000m)で重賞初制覇を飾ると、ここまで8戦6勝という輝かしい成績を収めている。しかも6勝すべてが重賞で、そのうちふたつはGI勝利(宝塚記念、天皇賞・秋)である。ラブリーデイはこの1年で、まさに飛躍的な進化を遂げてきた。

 前走のGI天皇賞・秋(11月1日/東京・芝2000m)でも、早めの抜け出しから押し切り、磐石のレース運びで快勝した。ジャパンカップでも、間違いなく1番人気に推されることだろう。

天皇賞・秋を制したラブリーデイ。ジャパンカップでも本命視されている それにしても、なぜラブリーデイはこれほど急に強くなることができたのか。その真相を探るべく、ノーザンファームしがらき(滋賀県)の村上太郎氏に話を聞いた。

 ノーザンファームしがらきは、レースの合間の短期放牧などで使われる競走馬の調整施設。その地で同馬を担当してきた村上氏は、急成長の理由について、まず「肉体面の変化」を挙げる。