2015.08.21

【競馬】追悼マンハッタンカフェ。その魂は再ブレイク中の産駒に!

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Kyodo News

 2001年の菊花賞(京都・芝3000m)と有馬記念(中山・芝2500m)、そして2002年の天皇賞・春(京都・芝3200m)と、GIを3勝したマンハッタンカフェ(父サンデーサイレンス)。種牡馬になってからも、多くの活躍馬を世に送り出してきたが、8月13日、繋養先の社台スタリオンステーション(北海道)で腹腔内腫瘍(ふくくうないしゅよう)のため死亡した。17歳だった。

 今年の3歳世代の産駒には、GIIIきさらぎ賞(2月8日/京都・芝1800m)を快勝し、GIオークス(5月24日/東京・芝2400m)で2着と好走したルージュバック(牝3歳)をはじめ、3戦無敗でGIIフィリーズレビュー(3月15日/阪神・芝1400m)を制したクイーンズリング(牝3歳)や、GIIフローラS(4月26日/東京・芝2000m)を勝ったシングウィズジョイ(牝3歳)など、豪華な顔ぶれがズラリ。加えて、来年のクラシックを狙う2歳世代にも、8月9日の新馬(新潟・芝1800m)で後続に5馬身差をつけて圧勝したイモータル(牡2歳)などがいて、これからさらに「大物」が続々と登場しそうな状況の中での、突然の出来事だった。

2001年の有馬記念を制したマンハッタンカフェ。 マンハッタンカフェは、5歳となった2003年に種牡馬として供用を開始。その前年にこの世を去った、父サンデーサイレンスの後継種牡馬として期待された。そして実際、2006年デビューの初年度産駒から重賞勝ち馬を送り出し、2009年には3世代目の産駒となるジョーカプチーノ(牡)がGIのNHKマイルC(東京・芝1600m)を、レッドディザイア(牝)が秋華賞(京都・芝2000m)を制覇。ついにGI馬を出して、この年の種牡馬リーディングにも輝いた。