2015.08.17

【競馬】父ディープ×母レーヴドスカー。栄光が約束された「大器」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2015年版)
第12回:レーヴァテイン

 3歳のサラブレッドが、世代の頂点を競うGI日本ダービー(東京・芝2400m)。3歳クラシックの頂点に位置し、出走するだけでも「栄誉」とされるこのレースだが、実はその舞台に、我が子を再三送り込んでいる繁殖牝馬がいる。レーヴドスカーである。

 レーヴドスカーの産駒は、これまで7頭が日本でデビューした。その中で最も活躍したのは、2008年生まれのレーヴディソール(牝/父アグネスタキオン)だ。同馬は、デビューから3連勝で2010年のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)を優勝。翌年のGIIIチューリップ賞(阪神・芝1600m)でも圧勝劇を披露した。その後はケガに悩んだものの、彼女の見せたパフォーマンスは、ファンに強烈な印象を残した。

 レーヴドスカーの子は、それ以外の馬たちも立派な活躍を見せている。何より、彼女が生んでデビューした牡馬4頭は皆、ダービー出走を果たしているのだ。

 2006年のダービーに出走したナイアガラ(17着。牡/父ファンタスティックライト)を筆頭に、GII青葉賞(東京・芝2400m)を勝利して、2009年のダービーで5着入着を果たしたアプレザンレーヴ(牡/シンボリクリスエス)、2010年のダービーに駒を進めたレーヴドリアン(11着。牡/父スペシャルウィーク)、そして、兄アプレザンレーヴに続いて青葉賞を勝ち、2015年のダービーに挑んだレーヴミストラル(9着。牡3歳/父キングカメハメハ)である。繁殖牝馬として、4頭の子をダービーに送り込むのは、驚異的といっていい。