2015.04.16

【競馬】皐月賞、流れは完全にドゥラメンテに向いている

  • 平出貴昭(サラブレッド血統センター)●文 text by Hiraide Takaaki
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

4月特集 春競馬、クライマックス(10)

皐月賞「3強」の勝算(3)ドゥラメンテ編

 史上初めて、”無敗の弥生賞勝ち馬”と”無敗のスプリングS勝ち馬”2頭が顔を揃える今年の皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)。特に、”無敗のスプリングS勝ち馬”は過去9頭中6頭が皐月賞馬になっているというデータもあるが、あくまでもそれは過去のこと。歴史は常に塗り替えられるものであり、データに倣(なら)うことも大切だが、それに縛られすぎると視野を狭めてしまうこともある。

セントポーリア賞を好タイムで勝ったドゥラメ ンテ。潜在能力は非凡だ

 “今年の皐月賞出走馬で一番の良血馬は?”と問われれば、多くの人がドゥラメンテ(牡3歳/父キングカメハメハ)の名を挙げるだろう。母アドマイヤグルーヴは2003、04年とGIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)を連覇し、祖母エアグルーヴは1996年GIオークス(東京・芝2400m)、1997年GI天皇賞・秋(東京・芝2000m)を制し、年度代表馬にも輝いた名牝。3代母ダイナカールもオークス馬で、叔父叔母には香港GIを勝ったルーラーシップを筆頭に、フォゲッタブル(GIIステイヤーズS/中山・芝3600m)、グルヴェイグ(GIIIマーメイドS/阪神・芝2000m)と3頭の重賞勝ち馬の名が並ぶ。

 さらに牝系を遡(さかのぼ)ると、1968年に輸入された5代母パロクサイドに辿り着き、そこから発展した一族には2006年GI高松宮記念(中京・芝1200m)の勝ち馬オレハマッテルゼ、2002年GIマイルチャンピオンシップ(京都・芝1600m)の勝ち馬トウカイポイントなども出ている。まさしく、現在の日本を代表する名牝系と言っても良いだろう。