2012.02.07

【今日は何の日?】三浦皇成騎手が最速でJRA100勝

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Nikkan sports

19歳1カ月20日で100勝に到達した三浦皇成。武豊の持つ最年少記録(19歳1カ月2日)にはわずかに及ばなかった。【2009年2月7日】
武豊の記録を塗り替え、デビュー11カ月7日で達成

 2008年3月にデビューした三浦皇成騎手。同年、新人ながら91勝を挙げて、武豊騎手の69勝を大きく上回るJRA新人最多勝記録を樹立した。そして、年が明けたこの日、デビュー11カ月7日でJRA通算100勝を達成。再び、武豊の1年1カ月16日を大幅に更新し、史上最速記録を刻んだ。

 100勝にリーチをかけてからは足踏みし、開催日2日間(1月31日~2月1日)の騎乗停止処分にも見舞われるが、騎乗停止明けの東京競馬場第4レースで、2番人気のインフィニットエアに騎乗して快勝。「(100勝は)やはり意識していました。(ファンには)長らくお待たせしました、という感じです」と自身も心待ちにしていた快挙を果たし、三浦はホッとした表情を浮べた。

 その後もコンスタントに勝ち星を重ねて、関東のトップジョッキーとしての地位を確立。昨年にはタレントのほしのあきと結婚し、さらなる飛躍を誓った今季、すでに14勝して全国リーディング3位(2月6日現在)と好調。悲願のGI勝利も期待される。

1