2021.04.12

松山英樹がマスターズ優勝。圧巻の「しのぐプレー」で新たな歴史を刻んだ

  • text by Sportiva
  • photo by Getty Images

 松山英樹がついに夢を実現した。マスターズで悲願の優勝。日本人として初のメジャー制覇を果たした。

ウイニングパットを沈めて、パトロンの祝福に応える松山英樹ウイニングパットを沈めて、パトロンの祝福に応える松山英樹  イーグルを奪った初日の8番パー5をはじめ、同じくイーグルを奪った2日目の13番パー5や、バーディーを奪った3日目の7番のセカンドショットに、絶妙なコントロールショットでバーディーチャンスにつけた11番の第2打。さらに3日目、単独トップに立つイーグルを決めた15番のセカンドショットに、ピンハイにつけてバーディーを奪った16番パー3のティーショット。そして最終日、ピン手前にピタリとつける9番のセカンドショットなど、歴史を動かしたハイライトシーンを挙げればきりがない。

 そうした派手なシーンに日本中が沸いたことは間違いないが、それ以上に際立っていたのは、パーを拾っていった精度の高いショートゲームだった。グリーンを外したあと、ピンにピタリと寄せるアプローチや、微妙な距離をことごとく沈めたパーパットを見て、唸り声を挙げたファンも多いのではないだろうか。

 初日、圧巻だったのは4番、5番、6番だ。多くの選手が苦しむ高速グリーンにあって、外してもおかしくない2~3mのパーパットを3ホール連続で決め切った。

 その際、松山は非常に落ち着いているように見えた。というか、過去の大会では見られたマスターズゆえの"気負い"というものが感じられなかった。この時、これまでとは違う松山の雰囲気を感じ取り、何かやってくれそうな予感を抱いた人は決して少なくないのではないだろうか。