2021.03.30

渋野日向子「周りにどうこう言われようが私は関係ない」。海外遠征前に語ったこと

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 およそ3カ月間に及ぶ米国遠征が控える渋野日向子にとって、国内女子ツアーの節目となるトーナメント、アクサレディス in MIYAZAKIが終わった。

 2日目に上がり2ホールで連続ダブルボギーを叩くなどスコアを伸ばせず、32位タイまで沈んだ渋野だったが、最終日には4バーディー、1ボギーの「69」で回って、通算4アンダー、15位タイでフィニッシュした。結果的には順位を大きく上げて、上昇気流に乗って海を渡ることになった。

「昨日と違って、ショットの調子がよかった。納得のショットが多かったと思います。ボギーを打つ要素が少なかった。(パッティングに関しても)外してしまう場面もありましたけど、嫌な外し方ではなかったというか。

 風があろうがなかろうが、スコアは出る時は出る。ダボを打つ時は打つ。結果に対して、強い感情を持たないようにしたいというのが、今週学んだことですね」

4月からは米ツアーに挑む渋野日向子4月からは米ツアーに挑む渋野日向子  昨年末に青木翔コーチから"卒業"し、今年に入ってから円をイメージする横振りのスイングに大きく改造している渋野は、ここまで予選落ちはなく(13位タイ、57位タイ、11位タイ、15位タイ)、まずまずの結果と言えるだろう。

 私の取り組みは間違っていない――そう自らに言い聞かせるように、3月に戦った計4戦を振り返った。

「去年なんて、開幕戦は予選落ち。それに比べれば、ちゃんと予選通過して、たま~にいい位置で戦わせてもらって。結果的にトップ10には入れていないので、すごく悔しい思いはあるんですけど、すごくがんばっているとも思います」