2021.02.11

【木村和久連載】スキー&スノボとゴルフ。双方の大いなる共通点とは?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第292回

 ゴルフとスキーは似ている――と書くと、「それはちょっと無理がある」という意見が多数寄せられると思います。あえて言うなら、野球やテニスとか、ボールを使ってスイングするスポーツとなら多少は共通点がある、といった感じで......。

 しかし今回、私はスキーとゴルフの大いなる共通点を見出し、みなさんに報告したいと思います。

 さて、いったいどこが似ているのか?

 それは、マーケットおよび行動様式、そしてギアやウエアの販売会社が、まるっと一緒なんですよ。

 まず、スキー&スノボ用品の日本の二大量販店と言えば、『アルペン』と『ゼビオ』(『ヴィクトリア』が傘下)ですよね。そのふたつの会社は、ウインタースポーツで大当たりし、巨大なチェーン展開をします。

 それから、アルペンは『ゴルフ5』を傘下に置き、ゼビオグループではヴィクトリアが『ヴィクトリアゴルフ』を展開。双方ウインタースポーツからゴルフへマーケットを広げていったのです。

 ではなぜ、スキー&スノボの次にゴルフを展開したのか。それは、スキー&スノボとゴルフが販売戦略上、よく似ているからです。要するに、売り方が一緒だから、スキー&スノボの販売ノウハウをゴルフに応用できたのです。

 どこが似ているかというと、ふたつのスポーツは長距離移動して一日を費やす傾向があります。要するに、プチトラベルをして、レジャー的要素が強くなります。

 しかも双方、ギアやウエアにそこそこお金をかける。ファッショナブルで、最新式のギアやウエアが好まれる、ということですね。

 すなわち、どちらもお金がかかるけど、お客さんは購買意欲が旺盛なのです。

 思えばあの頃は......、小室(哲哉)ミュージックが全盛で、globeの『DEPERTURES』を聞きながらゲレンデで邁進していました。高い4WD車を買って、ニット帽を被った彼女を助手席に乗せて、一路関越道へまっしぐら。休日の渋滞はすでに関越道入口の谷原交差点から始まり、苗場スキー場まで延々と続いていた......というのは冗談ですが、渋滞はそのイメージぐらい凄まじかったです。