2020.12.17

【木村和久連載】雨の日のゴルフ。もっとキャンセルしやすくしよう

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第285回

 雨の日のゴルフは、ほんとしんどいです。

 そんなことを言いながら、10年前ぐらい前までの私は、雨だからといってゴルフを休むなんてあり得ませんでした。雨でドタキャンするやつには、「アマチュアゴルファーの風上にもおけない」と憤慨したものです。

 それが今や、雨の日にラウンドするのは避けたいと思っています。それに最近は新型コロナウイルスが蔓延しているので、世の中的にも「雨の日にゴルフをして体調を崩し、こじらせてコロナにかかったらどうするんだ」といった風潮があります。

 ですから現在は、友だち同士でラウンドする時でも、天気予報をガン見して、慎重にプレーをするかどうかの決断を下します。そして、もし天気が崩れるようであれば、当日の朝5時くらいに、幹事役の友だちから「すでに雨が降っていて止みそうにないので、今日(のラウンド)はナシ」といった連絡がラインで入ります。

 あとは、幹事役の友だちがその旨をコースに伝えれば、キャンセル料も発生せず、一件落着です。我々が予約するのは、ほとんどそういうコースです。

 ただ、こっちはゴルフバッグを宅急便で送っていることが多いので、ラウンドをキャンセルしたら、コースから送り返してもらわないといけません。それが、ちょっと億劫なんですけどね。

 ともあれ、私の周りでゴルフをやっている連中を見てみると、雨の日のキャンセルについては、おおむね肯定的というか、みんな、やりたがりません。

 冷静に考えてみれば、何ら楽しくないですから。

 まず、今からの季節は寒いでしょ。冷たい雨がしたたり落ちる。メガネが曇る。合羽を着てごわごわしているから、体は自由に動かないし、結果、ボールは飛ばないし......。さらに、手が凍えてミスショットを連発。挙句、スコアはボロボロ......。

 お金を払って、丸一日スケジュールを潰して、なんでこんなしんどいことをしなきゃならないの?って、なります。