2020.11.16

古江彩佳に「20球入るまで帰れま10」効果。
スーパープレーで2勝目

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 イ・ボミをはじめとする韓国勢が優勝戦線に絡み、大混戦となった伊藤園レディス(千葉・グレートアイランド倶楽部)の最終日――。18ホールの戦いを終え、通算12アンダーのトップに並んだのは、3日間(54ホール)ノーボギーのプレーを見せた酒井美紀と、9月のデサントレディース東海クラシックでプロ初優勝を遂げた古江彩佳のふたりだった。

 3ホール目までもつれたプレーオフの末、優勝したのは躍進著しい『ミレニアム世代』の古江だ。

「こんなに早く今季2勝目を挙げることができるとは思っていませんでした。9月に優勝して、それからの時間が過ぎるのも早かったんですけど、2勝目が今とは(笑)」

伊藤園レディスで今季2勝目を挙げた古江彩佳 前日のラウンド後、トップタイに立っていた古江は日が暮れるまでアプローチの練習に取り組んだ。58度のウエッジを手にして、8ヤード先のカゴを目がけた打ち込みを繰り返した。アプローチの強化は今季の課題として、緊急事態宣言下の自粛期間中から、その練習に時間を割いてきたという。

「"20球入るまで帰れま10"というのをやっていて。半分は練習、半分は遊びの感覚で。10球はフェースを開いて狙い、残りの10球は通常のロフト角で。アマチュア時代からやっていましたね」

 出だしの1番で今大会初めてのボギーを叩いて躓き、前半途中から猛チャージを見せる酒井を追う展開となったが、このアプローチ練習が古江を救った。