2020.11.13

渋野日向子は「今年一番の手応え」。
ショットに自信も修正したことは?

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 伊藤園レディス(千葉・グレートアイランド倶楽部)の最終日となる11月15日、渋野日向子は22歳となる。

「(予選落ちに終わった)昨年は初日が誕生日だったので、無事にゴルフ場で迎えることができたんですけど、今回は予選を通過しないとゴルフ場で誕生日を迎えられない。それを一番の目標にしてやりたいと思います」

 どんな誕生日にしたいかという問いに、渋野はそう言って破顔一笑した。渋野らしいスマイルが戻ってきた。

 試練の連続だったおよそ4カ月ものイギリス・アメリカ遠征、そして予選落ちの憂き目に遭った国内ツアー復帰戦を経て、前週のTOTOジャパンクラシックでは30位タイという結果を残した。3日間アンダーパーをマークし、最終日はノーボギーで回った。

伊藤園レディスの最終日に22歳の誕生日を迎える渋野日向子「ただ、毎ラウンドを振り返ると、すごく悔しいところがある。今、苦労していることはこの先、絶対に無駄にならない。この苦労している時間も、すごく大切だと思う。今はひたむきにやっていくしかない」

 とりわけ、壁にぶつかっているのがパターだ。バーディーチャンスにつけても、ことごとくカップに嫌われていた。そのため、先週からアドレスを少し修正したという。

「先週のキャディーさんに、『パターの構えがすごく小さく見える』と言われて。自分でももうちょっと、どっしり構えたらどうかなと思って、今はスタンスを広げて打つようにしています。