【木村和久連載】「ウィズコロナ」の
ゴルフ。我々はどう対応すべきか

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

もはやかつての日常が戻ることなく、我々は新たな日常のなかで生きていくしかないんでしょうかね...。illustration by Hattori Motonobuもはやかつての日常が戻ることなく、我々は新たな日常のなかで生きていくしかないんでしょうかね...。illustration by Hattori Motonobu 一方、自らラウンドする時は、セルフプレーがメインです。それが何よりです。

 人数も、できるだけ2サムがよろしいです。4人で和気あいあいと、冗談を言いながらラウンドする機会は減りました。

 今は2人か、3人か。ラウンドするにおいても、感染リスクはなるべく抑える時期だと思います。

 どこぞの小さなゴルフ場で、"ひとりラウンド"を実施したら、大盛況だったとのこと。その気持ち、ほんとよくわかります。

 このまま新型コロナウイルスには感染せず、ゴルフは続けていきたいものです。ささやかな望みですが、今の時期においては、すごく大切なことですよね。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『教えて! 100切り先生』好評発売中!
詳細はこちら>>

5 / 5

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る