2020.06.27

渋野日向子「不運な」予選落ち。
「風のせいではなく、すべて自分のせい」

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images/JLPGA提供

 午前の組で回った初日は強い雨に苦しみ、午後スタートとなった2日目は強風に襲われた。これが、自然を相手にするゴルフと言えばそれまでだが、渋野日向子にとって、アース・モンダミンカップ(6月25日~28日/千葉・カメリアヒルズCC)の予選ラウンドは、とにかく不運に見舞われた。

 カットラインに1打足りず、およそ3カ月遅れとなった今季開幕戦は、通算2オーバーで予選落ちに終わった。

カットラインに一打及ばず、予選落ちを喫した渋野日向子「このオフにやってきたことが、すべて意味のないことだったのかなと思うぐらいの内容でした。練習をたくさんしても、試合でできなければ意味がない。死ぬほど練習しなきゃいけないんだなって......。

 無観客ということで、練習ラウンドと同じような感じでプレーできるかなと思っていたんですけど、試合となると緊張してしまって、思ったように身体が動きませんでした。全体的にダメダメでした」

 アウトスタートの初日は、雨足が強まっていた5番パー4のグリーンで、同伴競技者のライン上にあったボールマークを移動し、そのマークを戻し忘れて2打罰を受けてまず出遅れた。

「すごい恥ずかしかった。(パーパットを)打ってから何歩か歩いてから、『あっ』って気づいた。グリーンに水が溜まっていたので、(競技員を呼んで)ローラーをかけてもらったんですけど、その時間に(マークを移動したことを)すっかり忘れていました。怒りというより、情けなさすぎて、ちょっと笑けちゃいました(笑)」