2020.04.15

米女子ツアーが新スケジュールを発表。
気になる渋野日向子への影響は

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中のゴルフツアーが中断しているなか、先日、米LPGAツアーが2020年シーズンの再編スケジュールを発表した。

 1月にスタートした同ツアーは今季、フロリダ州で2試合を消化。2月にオーストラリアでの2大会を終えたあと、アジアでの新型コロナウイルスの影響を考慮して、タイ、シンガポール、中国での3大会は中止になったものの、当初は開催地がアメリカ本土に戻るファウンダーズカップ(3月19日~22日/アリゾナ州)から、ツアーは再開する予定だった。

 しかし、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、同大会から続く起亜クラシック(3月26日~29日/カリフォルニア州)、メジャーのANAインスピレーション(4月2日~5日/カリフォルニア州)と、急きょ中止、延期に。その後、全米女子オープンを含めて、6月中旬までの大会の延期、中止がこれまでに決まっていたが、今回、ツアーの再開日程とともに、新たなスケジュールが発表された。

 注目のツアー再開については、6月19日開幕のウォルマート・アーカンソー選手権(6月19日~21日/アーカンソー州)から。そしてその翌週には、メジャー大会のKPMG全米女子プロ選手権(6月25日~28日/ペンシルベニア州)が開催されることとなった。

 以降、7月にはマラソンLPGAクラシック(7月9日~12日/オハイオ州)、ダブルス戦となるダウ・グレートレイクベイ招待(7月15日~18日/ミシガン州)、さらに5月末に行なわれる予定だったショップライトLPGAクラシック(7月31日~8月2日/ニュージャージー州)が行なわれ、舞台を欧州に移す。