2020.03.03

プラチナ世代の注目ルーキー吉田優利
「大事にしているのは頭を使うこと」

  • 柳川悠二●取材・構成 text by Yanagawa Yuji
  • 繁昌良司●撮影 photo by Hanjo Ryoji

2020年女子ツアー「期待の新星」
吉田優利インタビュー(前編)

 カメラの前に立った吉田優利(19歳)は、両手の指でふたつの輪っかを作って、ニコリと微笑んだ。これは、渋野日向子や畑岡奈紗ら1998年度生まれの「黄金世代」とはふた学年下の、2000年度生まれの「ミレニアム世代」のポーズだという。

 同世代は「黄金世代」をしのぐ世代とも言われ、「プラチナ世代」とも呼ばれる。

 実際、吉田は2018年に日本ジュニアと日本女子アマを制し、昨年(2019年)はあの渋野の初優勝に沸いたワールドレディスチャンピオンシップ・サロンパスカップで、アマチュアながら4位タイに食い込んだ。その後、プロテストに一発合格し、QTでも20位に入って、今季ツアー前半戦の出場権を手にした。

 アマチュアでツアー優勝を飾って、昨年ひと足早くプロ入りした古江彩佳や、すでにプロツアーで好成績を出し続け、一緒にプロテストに合格した安田祐香ら"同期"とともにブレイクが期待される、注目ルーキーのひとりだ。

 日本ツアー開幕に先がけて、吉田は米LPGAツアーのISPS HANDA オーストラリア女子オープンでプロデビューを飾った。結果は予選落ちとなったものの、そこで得たものが多かったという彼女に、ルーキーイヤーに賭ける思いを語ってもらった――。