2019.12.01

「ピンを狙っていく」渋野日向子が
シーズン最後もミラクルで締める

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 賞金女王レースでトップに立つ鈴木愛が、地団駄を踏んでいた。

 日本女子ツアーの最終戦、LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(11月28日~12月1日/宮崎県)の3日目。17番パー4で約2mのバーディーパットを決められずにパーとした鈴木が、その悔しさからグリーン脇で、強くラフを蹴ったのだ。

「(パットの)フィーリングは悪くないのに、狙ったところに打っても、急に切れたり、思ったように切れなかったりする。その辺はコントロールのしようがない……。本当に『なんで入ってくれないんだろう?』って感じで、『がんばっていれば、いいことあるだろう』と思って、今日も回っていたんですけど、(いいことが)ほんのちょっとしかない」

「優勝しか狙っていない」と話しながら、通算1オーバー、17位タイで2日間を終えた鈴木にとっては、ビッグスコアが必要な土曜日だった。しかし、出だしの1番(パー4)、そして9番(パー5)でバーディーを奪って通算1アンダーとするも、後半に入って、11番のロングホール、12番のショートホールで連続ボギーを叩いて振り出しに。気を取り直して、13番(パー5)、14番(パー4)と連続のバーディーを奪ったものの、フラストレーションが溜まる一日なのは、2日目までと同じだった。

 結局、通算1アンダーで3日目を終えた鈴木は、首位のイ・ボミと6打差、12位タイで最終日を迎えることになった。

「上位があまり伸びていないので、明日、自分がビッグスコアを出せば、もしかしたらチャンスがあるかもしれない。とにかく18ホール、攻めていきたい」(鈴木)

 地団駄を踏みたい気分だったのは、渋野日向子も同じだろう。

 3日目の渋野は、5番(パー3)をボギーとしたあと、6番(パー4)でバウンスバック(※ボギーやそれよりも悪いスコアを記録した次のホールで、バーディー、もしくはそれ以上のスコアを記録すること)に成功し、7番(パー4)でも連続バーディーを奪った。