2019.08.10

世界中のファンが渋野日向子に熱視線。
笑顔とプレーの速さにホレた

  • 武川玲子●取材・文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 海外女子メジャーの今季最終戦、AIG全英女子オープン(8月1日~4日/イングランド)の最終日、最終組でプレーした渋野日向子(20歳)が大歓声に包まれながら、最終18番グリーンに上がってくる姿をグリーン奥から見つめていた。多くの女子ツアーのトーナメントを見てきたが、1人の選手に対して、観衆がこんなにも味方した試合を見た経験は、これまでなかった。

 グリーン上、入ればメジャー初優勝という緊張の場面だったが、当の渋野は相変わらず軽やかな笑顔を浮かべていた。ラインを決めて躊躇なく打った5mのバーディーパットは、スライスラインを描いてカップの向こう側に一度当たったあと、見事に沈んだ。

 その瞬間、グリーンを取り囲んで見守っていた大ギャラリーは、歓喜に沸いた。喜んだのは、観衆だけではない。決勝ラウンドの2日間、最終組でともにプレーしたアシュリー・ブハイ(南アフリカ)も、思わず両手を上げてガッツポーズ。イギリス国内のテレビ放映を担当していたスカイスポーツのリポーターも、右手を大きく上げていた。同様に、この試合を見ていた世界中のゴルフファンが、テレビ画面の前で歓喜し、叫んでいたに違いない。

 そんな大歓声のなか、渋野が「入っちゃった!?」といった驚きの様子で、歓声に応えてお辞儀をしながら笑い続けている姿もまた、印象的だった。

渋野日向子に世界中のゴルフファンが注目している 日本勢としては42年ぶり、1977年に全米女子プロ選手権を制した樋口久子以来、2人目のメジャー制覇という快挙である。しかし、この勝利が世界のゴルフ界にもたらしたものは、それ以上に大きなものだった。

「スター誕生」「カリスマ、セベ・バレステロスの再来」「今、ゴルフ界が求めていたもの」……これらはすべて、世界のメディアが伝えた”渋野評”だ。

 アメリカ国内で今回の全英女子オープンを放映した三大ネットワークのひとつ、NBCテレビは2日後に同大会の視聴率を発表。その数字は、2014年にミッシェル・ウィー(アメリカ)が勝利した全米女子オープンに次ぐ高視聴率だった。

 世界のゴルフファンが魅了されたのは、渋野の笑顔とそのプレーの速さだった。それによって、「ゴルフはこんなにも楽しいものなんだ」と、あらためて多くのファンに知らしめた。その意味は、本当に大きいと思う。