2019.03.20

松山英樹、第5のメジャーで8位。
マスターズでも「チャンスはある」

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

 今シーズンから3月開催となった「第5のメジャー」と言われるザ・プレーヤーズ選手権(3月14日~17日/フロリダ州)。世界ランキングの上位選手が勢ぞろいした今大会は、初日に「67」、2日目にも「65」の好スコアをマークして首位に立ったロリー・マキロイ(北アイルランド)が、3日目、4日目も着実にスコアを伸ばしてトータル16アンダーで優勝した。

 一方、日本期待の松山英樹は、カットラインぎりぎりで予選通過を果たすと、3日目、4日目にスコアを一気に伸ばして、最終的には通算12アンダー、8位タイでフィニッシュした。

「ゴルフの内容はともかく、予選を通れば何とかなるんだな、悪くても腐らずにやっていればトップ10入りもあるんだな、ということがわかったので、これからも(今回のようなプレーを)続けていきたい」

プレーヤーズ選手権で8位タイと奮闘した松山英樹。photo by Getty Images 初日は風が強く厳しいコンディションのなか、松山は4バーディー、3ボギーの「71」。1アンダー、53位タイでの発進となった。

「いいところもありながら、悪いところもあって、非常に微妙なラウンドになりました。ショットに関してはいいイメージはあるけれど、ぴったりハマらないというか……。ピンに絡んでこないのは、それが原因かなと思う。そういう状況のなかで、チャンスは少なかったんですが、(インスタートの)10番で長いパットが入ってくれたのでよかった。あれは、うれしかったですね」