2018.10.01

タイガー・ウッズが歴史的復活。
スタッツが示す勝因は意外とコンサバ

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 2018年9月23日――この日は、ゴルフ界にとって”歴史的なカムバック”の日となった。

 タイガー・ウッズ(アメリカ)が、ツアー選手権(9月20日~23日/ジョージア州)で1876日ぶりにツアー優勝。米ツアー通算80勝目を挙げたのだ。

ツアー選手権で見事な復活Vを飾ったタイガー・ウッズ ゴルフ界の”スパースター”は、かつて圧倒的な強さを誇り、世界ランキング1位の座にずっと君臨していた。しかし、そのランキングも一時、1193位まで落ちた。

 昨年4月に4度目の腰の手術を受けたあとも、ウッズは「痛みなしに歩くことも、座ることもできなかった。このまま痛みが続いたら、どうなるのか……。これからの自分の人生に不安を感じた」という。おそらく、世界トップレベルで戦えるゴルフを取り戻し、そしてその舞台で勝利を挙げることなど、1年前には夢物語だったに違いない。

 そのウッズが、ツアーに復帰したのは今年の1月だった。そのときから、復帰してもすぐに戦列を離れてしまうという、ここ数年の状態とは明らかに違った。プレーする姿から悲壮感が漂ってくることはなかった。

 その後、3月のバルスパー選手権で優勝争いを演じて2位に入ると、翌週のアーノルド・パーマー招待でも5位と健闘。世界トップレベルでも、十分に戦えることを証明して見せた。