2018.08.09

【木村和久連載】猛暑襲来。
ゴルフの五輪会場は埼玉のままでいいの?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第167回

 いやぁ~、とんでもない猛暑ですなぁ。最高気温40度って、温めのお風呂の温度ですよ。

 こんな猛暑が続くと懸念されるのが、2020年の東京オリンピックです。

 もし熱中症で倒れる選手やギャラリーが出たら、大問題ですよ。過去にも脱水症状によって倒れた選手が何人かいて、そのたんびにオリンピックの夏開催について、疑問視する声が上がっていました。

 平等な精神を謳い、公平な条件下における競争という意味でも、夏開催の必要性はどうなの? と思うのですが……。万が一、選手が熱中症などで命を落とすようなことがあったら、IOC(国際オリンピック委員会)やJOC(日本オリンピック委員会)の責任問題にもなりかねませんよ。

 そもそも1964年の東京オリンピックが開幕したのは、10月10日。その体育の日あたりがベストシーズンなのは、誰もがわかっています。

 けど、最近のオリンピックの開催は、欧米のスポーツ中継においてメインイベントが少ない夏にやる、というのがお約束になっています。だから、2004年のアテネ五輪、2008年の北京五輪も、暑かった印象が残っているのです。

 今回の東京開催において、IOCから「夏開催の条件をのめば、東京を開催地にする」と言われていたりしたのかもしれません。無論、そんな真相があっても、おそらく語られることはないでしょう。

 そうはいっても、近年の日本の暑さは半端ないです。倒れる人が続出となれば、「誰が夏にやると決めたんだ!」と批判が続出。責任問題は、安倍内閣にまで及んでもおかしくありません。

 というわけで、2年後の東京オリンピック開催について、ゴルフを中心にどうあるべきか、あらためて考えてみましょう。