2018.08.06

昨季の女王争いから急降下。
今季、キム・ハヌルに何が起こったのか

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

 去年の勢いはどこへいってしまったのか――。

 日本ツアー4年目のキム・ハヌル(29歳/韓国)が、今季は苦戦を強いられている。

今季は苦しい戦いが続いているキム・ハヌル 2011年、2012年と2年連続で韓国ツアーの賞金女王に輝いて、2015年から鳴り物入りで日本ツアー参戦を果たしたキム・ハヌル。1年目からツアー初勝利を飾ると、2年目の2016年は2勝、3年目の昨季は3勝と、年を重ねるごとに勝ち星を増やしてきた。

 とりわけ昨季は、前半戦で驚異的な強さを発揮。ツアー優勝を重ねて賞金ランキングのトップを快走し、賞金女王のタイトル獲得も、決して夢ではない状況にあった。

 最終的には、鈴木愛らと熾烈な女王争いを展開し、あと一歩及ばなかったものの、賞金ランキング4位となって、2年連続で獲得賞金は1億円を突破した。キム・ハヌル自身、目前に迫っていた女王の座を逃しながら、落ち込むようなことはなく、反対に日本での確かな手応えと自信を得ていた。

 そのうえで、キム・ハヌルは今季、開幕前にこんなことを話していた。

「去年は3勝だったので、今年は4勝を目標にして一生懸命がんばりたい」

 だが、そんな意気込みとは裏腹に、今季は昨季までの強さが陰を潜め、勝利から遠ざかっている。