2018.07.10

「エース」を手放したウッズ。
ニューパターで「完全復活」が見えてきた

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 タイガー・ウッズ(アメリカ)が、自身のファウンデーションが主催するクイッケンローンズ・ナショナル(6月28日~7月1日/メリーランド州)に臨んで、初日から大注目を集めた。

 理由は、ウッズがニューパターを使用したからである。

 ウッズの一挙一動は常に話題となるが、そのなかでも今回のパター変更は大きな出来事といえる。というのも、これまでのキャリアで、パターを変えたのはわずか数回しかないからだ。

新たなパターで試合に臨んだウッズ 今回、ウッズが手にしたパターは、現在クラブ契約を結んでいるテーラーメイドの『TPコレクション・アードモア3』。マレット型で2本の角付きと、ウッズのイメージとはかけ離れたものだった。

 ちなみに、ウッズがこれまで使っていたのは、スコッティキャメロンの『ニューポート2・GSS』。1999年以来、”エースパター”として使用してきた。実際には2011年頃、当時のクラブ契約先だったナイキ社のパターをバックに入れていたこともあったが、メジャー14勝中13勝はスコッティキャメロンのパターで挙げており、それが”エース”であることは間違いない。

 腰の手術から復帰した今季も、ウッズが手にしていたのは、その”エースパター”だった。3月のバルスパー選手権で優勝争いを演じ、翌週のアーノルド・パーマー招待で5位になった際も、同パターを使用して”完全復活”が間近であることをアピールした。