2018.06.18

最後にバーディーがドバドバッ。
松山英樹は地獄のコースで何を得たか

  • 柳川悠二●取材・文 text by Yanagawa Yuji
  • photo by Getty Images

 ロシアワールドカップに臨んでいるサッカー日本代表の本田圭佑曰く、ゴールとは「出ないときは出ないし、出るときはドバっと出る」ケチャップのようなものらしいが、ゴルフの全米オープン(現地時間6月14日~17日/ニューヨーク州、シネコックヒルズGC)に出場した松山英樹の最終日も、そんな”ケチャ・ドバッ”状態にあった。

 3日目(計54ホール)までに奪ったバーディーはわずか3つ。”ムービングサタデー”の3日目にいたってはゼロである。それが、最終日には6バーディーを奪い、順位は前日までの54位タイから、通算10オーバー、16位タイへと大きくジャンプアップした。松山が言う。

「満足のいくプレーはできました」

難コースに苦しめられた松山英樹 それにしても悔やまれるのは、3日目のプレーだろう。予選ラウンド同様、ティーショットは安定していたが、セカンド以降がなかなかピンに絡まない。

 そんな「やりたいことが何もできなかった」という3日目を象徴するのが、8番パー4。2打目がグリーン奥のラフまで転がり、アプローチは1.5mの位置に。ここから、まさかの4パットでトリプルボギーを叩いた。

 さらに、16番でも8mのバーディートライを含めて4パットと叩き、この日だけで9つもスコアを落とした。