2018.05.03

【木村和久連載】アマチュア競技の
「ぼっち感、ヘボ感」で人生を知る

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第153回

 過去、アマチュアの競技に何度か出場したことがあるので、その話を元にして、いろいろとお話ししたいと思います。

 どんな試合にしろ、競技ゴルフはムチャクチャ緊張します。朝イチのティーショットで、すでに心臓はバクバクですから。

 ここでチョロをやったら、「木村家末代までの恥」「お家断絶か」くらいの空気に襲われます。終(しま)いには、「1日空けて、お金を払ってまでして、何でこんなつらい目にあわなきゃいけないの」と、ひとり逆ギレ状態に陥ります。

 ですから、朝イチのティーショットがまあまあ決まると、もうその日の仕事の90%は終了。ウキウキモードとなり、心の中でスキップし、セカンド地点に向かいます。

 昔、ある競技に出たときには、友人が2組ぐらい前にいて、第1打でOBをやらかしました。暫定球を打ちましたが、それも怪しい……。第5打目で何とか前に進むことができました。

 それを見ていて、足がガクガクでしたね。

「競技ゴルフは恐ろしかぁ~」

 結局、彼は1ホール目で予選敗退がほぼ確定。あとは、消化ラウンドですよ。明日は我が身と思って、そのときは超慎重にラウンドしました。

 競技ゴルフといっても、多種多様あります。出場したことがあるのは、大きいのだと、日刊アマのダブルス予選とかですかね。クラブ競技は月例から理事長杯予選まで、万遍なく出たことがあります。小さい競技だと、ショートコース選手権というのにも出ました。