2018.04.16

マスターズを「ヒール」として優勝。
P・リードの未来は変わるのか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 パトリック・リード(アメリカ)が1打リードで迎えた最終18番。リードは下りの難しいパットを残り1m強まで寄せると、最後はそのパーパットを慎重に沈めた。直後、拳を握り締めて何度もガッツポーズ。18番グリーンはパトロンの大歓声に包まれた。

マスターズで優勝を飾ったパトリック・リード

 27歳、地元オーガスタ大出身のマスターズ・チャンピオン誕生である。地元選手の勝利となれば、会場はさらに熱狂の渦に包まれると思われた……が、歓声のトーンは、どこか例年とは違った。

 喜びと、そうでない気持ちが入り混じったような……。何となく不思議なムードだった。その理由はいったい、何だったのだろうか。

 タイガー・ウッズが3年ぶりに出場し、優勝を狙える”役者”がズラリと顔をそろえた今年のマスターズ。大会前から例年以上の盛り上がりを見せ、最終日も2日目にトップに立ったリードを、ロリー・マキロイ(北アイルランド)、リッキー・ファウラー(アメリカ)、ジョーダン・スピース(アメリカ)といった”主役級”が追いかける展開に沸いた。

 そうした白熱した戦いの中で、ツアーで1番の人気を誇るファウラーが、土壇場で1打差まで迫ってプレーオフへの希望が膨らんだ。だが、それがあえなく絶たれ、初のメジャー制覇をまたしても逃すことになったからか?

 あるいは、9つのバーディーを奪って猛追し、一時は首位のリードに並んだスピース(アメリカ)の、劇的な逆転劇への期待のほうが大きかったからか?