2018.04.19

【木村和久連載】ショーアップ化のため
「ゴルフスタジアム」の建設を!

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第151回

 東京五輪から新たに正式種目に採用される競技で興味深いのは、3人制バスケットボール(3×3)です。

 本格的なバスケットボールをする場所がなく、空き地や公園などに設置されたひとつのゴールを標的にしてコート半分ほどのスペースでバスケットをしていたら、それが面白いからと、ついには五輪の正式種目になるって、すごくないですか。

 そうした競技の縮小版と言えば、フットサルなんかもそうですね。サッカーの”ミニ版”として、社会に広く認知されています。

 スポーツというのは、時代の流れによって、さまざまなものに変化していきます。例えばラグビーも、元はサッカーから派生して生まれました。一説には、イギリスの高校生がサッカーの試合でボールを手で持ってプレーしたら、「そういうやり方もありだな」となって、そこからラグビーとして世の中に広まっていったと言われています。

 もし日本の高校生が同じことをしたら、何とか連盟や協会とかの怖い会長さんから、「そもそも、あなたは選手なのかしら」とボロクソに文句を言われそうです。挙句、「けしからん」とか「ルールを守れ」とか言われて、廊下にバケツを持って立たされるのがオチでしょう。

 現代のスポーツ全体に求められるのは、多様性です。柔軟な解釈で、スポーツをもっと楽しく、簡単にショーアップさせましょう。

 というわけで、本題のゴルフの話です。

 ゴルフをカジュアルにして、なおかつ面白い遊びにする方法はないのでしょうか。いろいろと知恵を絞って、ゴルフの簡易版スタイルを考えてみます。