2018.02.12

またも最終日の悪夢。R・ファウラーが
天国の少年に届けたかったもの

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 ウェイストマネジメント・フェニックスオープン(2月1日~4日/アリゾナ州、TPCスコッツデール)は、大会3連覇がかかっていた松山英樹が、左手の親指付け根付近を痛めて第2ラウンドの前に棄権。大会序盤で、非常に残念なアクシデントに見舞われた。

 松山が不在となったあとは、一昨年の大会で松山にプレーオフで敗れたリッキー・ファウラー(アメリカ)が優勝争いをリードした。2日目にトップタイに浮上し、3日目を終えて単独首位に立つと、いよいよ一昨年の雪辱なるか、という期待が膨らんだ。が――。

 ファウラーは最終日に失速。代わって、この日のベストスコア「64」をマークしたゲーリー・ウッドランド(アメリカ)が浮上し、最後はチェズ・リービー(アメリカ)とのプレーオフを制して、ツアー3勝目を飾った。

最終日に崩れて優勝を逃したリッキー・ファウラー ファン注目のファウラーは、「一昨年はヒデキに負けたが、このコースは僕に合っている。必ず勝てる」と優勝への自信がみなぎらせていたが、最終日は前日までの好調さが嘘のようにプレーの精彩を欠いた。最終的には「73」とスコアを落として、11位タイに終わっている。

「いいパットを打っても、ラインが違ったりして、まるでカップが動いているかのようで、ボールは(カップに)沈んでくれなかった……」

 試合後、ファウラーはそう言ってがっくりと肩を落とした。

 3日目はバックナインで猛チャージをかけて、上がりで3連続バーディーを記録。2位に1打差をつけて、首位の座をキープした。それが、最終日はまるで逆の展開となる。