2017.12.29

宮里優作が逆転でマスターズ出場。
憧れの招待状をめぐる悲喜こもごも

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 2017年12月31日付けの世界ランキングが、1週前倒しされて12月24日に発表された。

 これが、2017年の最終ランキングとなるが、このランキングには大きな意味がある。この時点で50位以内の選手が、2018年のマスターズ(4月5日~8日/ジョージア州)の出場権を得られるからだ。

 その当落選上で明暗を分ける結果となったのが、日本ツアーを主戦場にして活躍している宮里優作(37歳)と小平智(28歳)だった。

 見事、50位に滑り込んだのは、2017年の日本ツアーで初の賞金王に輝いた宮里。このランキング結果により、2018年は悲願のマスターズ初出場を果たすことになる。

 宮里は、2017年の日本ツアー最終戦となる日本シリーズJTカップを制したものの、12月17日付けのランキングでは52位だった。しかし日本ツアー終了後、アジアツアーのインドネシア・マスターズ(12月14日~17日/ロイヤルジャカルタGC)に出場。4位という好成績を残して、最終世界ランキングでは50位まで順位を上げた。

 ちなみに、かつて日本ツアーでもプレーしたことのあるキラデク・アフィバーンラト(28歳/タイ)も、インドネシア・マスターズで5位となり、世界ランキング49位に浮上。2度目のマスターズ出場切符を手にした。