2017.12.28

【木村和久連載】思い切った
ルール簡易化は、日本のゴルフ界を救うか

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第136回

 2019年4月、天皇陛下が退位し、平成が終わりを告げます。

「平成生まれのキャバ嬢に会った」と言ってドキドキしていたのは、ついこの間の話。今やほぼ全員が平成生まれのキャバ嬢ですからね、いやはや月日の流れは速いものです。

 そんな2019年ですが、ゴルフ界にも画期的な出来事が起こります。それは、R&A(全英ゴルフ協会)が進めている、新しいルールが実施されるのです。

 すでにこの話を耳にした方もおられるでしょう。非常に視野を広くしたアマチュア寄りの方針転換で、これで多少はゴルフ人口が増えるかな、と思っています。

 具体的にはどんなことが実施されるのか。あくまで素案ですが、大まかな概要をお伝えします。

・最大スコアの採用
 これを聞いたとき、耳を疑いました。どれぐらいかわかりませんが、例えばパー4なら最大8ぐらいまで数えて、あとは終わりにするそうです。

 どのレベルの試合まで採用するのか謎ですが、我々アマチュアのプライベートラウンドでは、文句ナシに採用しますよね。こういうルールができるなら、ほんと最初からやってよね。