2017.10.30

日米首脳とラウンドする松山英樹。
今季こそピークをメジャー本番に

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 先日、驚きのニュースが伝えられた。11月5日~7日に来日するアメリカのドナルド・トランプ大統領と安倍晋三首相とのゴルフラウンドに、松山英樹(25歳)が同伴することになったという。

 9月頃から「(日本で)松山選手とプレーしたい」と、トランプ大統領が希望しているという噂は耳にしていたが、それが本当に実現することになったようだ。

まもなく来日するアメリカのトランプ大統領 トランプ大統領と松山が会うのは、今度が初めてではない。すでに何度か対面している。最近では、ニュージャージー州で開催されたプレジデンツカップ(9月28日~10月1日)のとき、その表彰式にトランプ大統領が出席した。敗れた世界選抜の松山と直接話をしたかどうかはわからないが、トランプ大統領は勝利した米国選抜へのトロフィー授与を行なっている。

 そもそもゴルフ界とは縁が深いトランプ大統領。まだ大統領になる前の昨年までは、自らが所有するフロリダ州のドラールリゾートで、世界選手権シリーズ(WGC)のキャデラック選手権が開催されていた。その際、トランプ氏は何度も会場を訪れて選手たちと交流しており、そこで、松山もトランプ氏とは顔を合わせているはずだ。