2017.10.10

「何が怖かったのか…」と石川遼。
わずかなミスで失った米国シード権

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 悪天候のため、マンデーまで順延されたウェブ・ドット・コムツアー選手権(9月28日~10月1日/フロリダ州)の最終日、石川遼は「66」をマークして健闘したが、通算9アンダーで同大会を40位タイで終えた。

 この結果、来季のPGAツアーの出場権を争う、いわゆる”入れ替え戦”4大会(ウェブ・ドット・コムツアー・ファイナルズ)における石川の総合順位は31位。25位までに与えられる来季シード権の獲得はならなかった。これにより、2013年から本格参戦を果たした石川の米ツアーでの戦いは、ひとまず終止符を打つことになる。

 最後の4戦目を迎えた時点では、石川の総合順位は22位だった。その分、シード権獲得への期待は大きかっただけに、最終戦で後続に抜かれて”入れ替え戦”を突破できなかったことは残念でならない。石川にとっても、相当悔しい結果だったと思う。

米ツアーのシード権を失った石川遼 初日は10番からスタートして、10ホールを消化した時点では6バーディー、1ボギーの5アンダーと好ダッシュを見せた。しかし、2番パー4でティーショットを左ハザードに入れてダブルボギー。続く3番パー3では2度池に入れて「7」と、この2ホールだけで6打も落とした。そしてそのまま、初日はイーブンパーの94位と出遅れた。

 予選落ちも心配された2日目は、「65」と踏ん張って決勝ラウンドに進出。なんとか最後まで可能性を残したが、3日目に「73」と崩れて、最終日の反撃も及ばずに終わった。