2017.06.29

宮里藍、悲願のメジャー制覇なるか。
「最後の戦い」がいよいよ始まる

  • 古屋雅章●取材・文 text by Furuya Masaaki
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

 今季限りでの現役引退を発表した宮里藍が、主戦場となる米女子ツアーに戻った。

 今後は、プロ入り前からの夢である全米女子オープン(7月13日~16日/ニュージャージー州)を含めたメジャー大会での優勝を目指し、残りの戦いで奮闘していくこととなる。できることなら、輝かしいキャリアにひと花添えて、有終の美を飾ってくれることを期待したい。

 そうは言っても、宮里藍は引退の理由として「モチベーションの維持が難しくなった」ことを挙げた。自身を”早すぎる引退”に追い込むことになった、この得体の知れない感情である”モチベーション”を彼女は今後、どう維持し、持ち上げるのだろうか。

 まずは引退発表後、初の試合となったサントリーレディスにおける宮里藍のプレーぶりを、”モチベーション”をキーワードとして振り返ってみたい。

日本ツアー「最後」の試合となったサントリーレディス。宮里藍をひと目見ようと多くのファンが詰めかけた

 試合前、指定練習日の火曜日に、宮里藍に次のような質問をした。

――この試合に入るにあたっての、モチベーションは何ですか?

 すると、彼女はこう答えた。

「(この試合に臨む)テーマとしては”感謝”というところが大きいのかな、と思っています。先日の(引退)会見でも話をしたんですけど、自分にとってそれはすごくプラスになることだと思うので、ゴルフだけではなく、本当に自分を客観的に見て今、そういう”感謝”の気持ちがすごく出てきています。それは、今までとはまた違う形のモチベーションなので、それがいい方向にいってくれたらいいなって思っています」