2017.03.30

【木村和久連載】アマチュアこそ、
試してほしい「短尺ドライバー」

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第98回

 昨年の全米プロ選手権を制したジミー・ウォーカー(38歳/アメリカ)という選手が、42インチのドライバーを使用していて好調だそうです。通常、ドライバーは45~46インチぐらいで、スプーンが43インチ台ですから、3番ウッドより短いドライバーとなります。

 ジミー・ウォーカー選手は、38歳ながら飛ばし屋で、平均飛距離は300ヤード超えを誇ります(昨季PGA平均飛距離ランキングは24位。松山英樹選手は65位)。名前からは地味そうですが……って、ジミーを日本語として読んじゃあ、あかんって。

 実際は、派手なタイプという印象です。派手にかっ飛ばす選手だから、短尺ドライバーを使っても「試合には影響がない」と判断したのでしょう。

 とはいえ、そもそもジミー・ウォーカー選手のドライバーは44インチと短かったのです。そこから、さらに2インチ短くした狙いは、ずばり方向性です。フェアウェーキープ率を、50%台から60%台に上げることが目標で、飛距離は多少落ちても仕方がないという考えだったそうです。

 その結果、なんと飛距離はさほど落ちることなく、フェアウェーキープ率は上がっているとか。何ともうらやましい限りです。