2016.12.09

「試合に出れば勝つ」状態の松山英樹。
これがマスターズ週ならば…

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

「今、世界で最もホットな(勢いに乗っている)選手」

 アメリカのメディアはそろって、松山英樹(24歳)のことをこう称賛している。

 10月以降、5試合に出場して4勝。そのうち2勝は日本ツアーだが、国内メジャーの日本オープン、三井住友VISA太平洋マスターズと、ともに圧倒的な強さを見せて、そのニュースも世界中で報じられた。

 開幕したばかりのPGAツアー2016-2017シーズンでも、マレーシアで行なわれたCIMBクラシックで2位となると、続く中国開催の世界ゴルフ選手権シリーズ(WGC)HSBCチャンピオンズで早くも今季1勝目を飾った。

 そして先週は、アンオフィシャルの大会とはいえ、タイガー・ウッズが主催するヒーロー・ワールドチャレンジ(12月1日~4日/バハマ)で、世界のトッププレーヤー18人がしのぎを削る戦いで頂点に立った。

ヒーロー・ワールドチャレンジで優勝した松山英樹「(試合に)出ると勝つ。一時のタイガー・ウッズのようだ」と、アメリカメディアがこぞって絶賛されるのも当然のことだ。

「絶好調のヒデキを止めることは誰にもできない」

 昨シーズンのツアーチャンピオンで、世界ランク3位のダスティン・ジョンソン(32歳/アメリカ)もそう語って、松山の強さに脱帽した。