2016.10.09

ライダーカップで米国を勝利に導いた
タイガー・ウッズの「凄味」

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 デービス・ラブIII(52歳)キャプテン(※監督に相当)率いる米国選抜チームが、8年ぶりに勝利したライダーカップ(※欧州、米国選抜のチーム対抗戦。9月30日~10月2日/ミネソタ州・ヘイゼルティンナショナルGC)。数多くのエキサイティングなプレーや戦いが見られたが、なかでも注目を集めたのは、米国選抜のアシスタントキャプテンとして参戦したタイガー・ウッズ(40歳)の存在だった。

ライダーカップで米国選抜のアシスタントキャプテンを務めたタイガー・ウッズ はたして、その仕事ぶりは、どんなものだったのだろうか。

「(ウッズは)素晴らしいアシスタントキャンプテンだった。チームの一員として、選手たちを支える役目を遂行する姿は、これまでのウッズとはまるで別人だった」

 キャプテンのラブIIIは、ウッズの仕事ぶりをそう絶賛した。

 腰の手術によって、昨年のウィンダム選手権(8月20日~23日/ノースカロライナ州・セッジフィールド)を最後に公式戦から遠ざかっているウッズ。プロになってこれほど長い間、表舞台から消えていたのは初めてゆえ、久しぶりに公の場に姿を現す彼の動向に、世界中が注目したのは当然のことだろう。これまで、どんな大会においても常にスポットライトを浴び続けてきたのだから、なおさらだ。

 ただ、今回のアシスタントキャプテンという立場からすると、そうやって、プレーする選手やキャプテンよりも目立ってしまうのは、決して好ましいことではない。