2016.06.18

白熱の全米オープン、2位6度のミケルソンに歓喜の瞬間は訪れるか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 今季のメジャー第2戦、全米オープン(6月16日~19日)では連日白熱した戦いが繰り広げられている。

 会場は、アメリカ・ペンシルベニア州のオークモントCC(7219ヤード、パー70)。全米オープンが行なわれるのは、今回で9回目となるアメリカきっての名門コースだ。また、前回開催された2007年大会では、アンヘル・カブレラ(46歳/アルゼンチン)が通算5オーバーというスコアで優勝と、「超」がつくほどの難コースでもある。

 さて、今年で116回目となる全米オープン。その歴史において、これまで数々の名勝負や名場面が生み出されてきた。「最も記憶に残るシーンは?」と聞かれたら、答えに迷ってしまうほどである。

 それでも、いくつか選ぶとしたら、まずはタイガー・ウッズ(40歳/アメリカ)が3度目の優勝を飾った2008年大会だろうか。

 同大会は、カリフォルニア州サンディエゴのトーリーパインズGC(サウスコース)で開催された。最終日の最終18番(パー5)を迎えて、ウッズは首位のロコ・メディエート(53歳/アメリカ)を1打差で追う状況にあった。第1打、第2打をミスしながらも、何とかバーディーパットにこぎつけたウッズ。彼の打ったパットは、緑の絨毯の上を上下、左右に跳ねながらもカップに吸い込まれていった。

 この結果、ウッズは首位のメディエートをとらえ、決着の場は翌日の18ホールのプレーオフへと持ち越された。そのプレーオフ、ヒザに痛みを抱えていたウッズは足を引きずりながらのプレーを強いられたが、最後はサドンデスのプレーオフにまで及ぶ死闘を見事に制した。