2016.03.31

【木村和久連載】アマゴルファー最初の難関、「100切り」の極意

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第48回

 ゴルフをやっていて、何が一番楽しいか。

 そりゃ、ホールインワンやエージシュート(自分の年齢以下のスコアを出すこと)を達成したり、クラチャン(クラブ選手権の優勝者)になったりすれば、天にも昇る気分になるのでしょう。

 けれどそれらは、現実的にはかなりハードルが高い世界です。生涯かけてもできないことが多いですから。

 じゃあ、普通のアマチュアゴルファーが達成できるすごいこと、喜びにつながることは何か?

 それは、「ベストスコアの更新」です。

 まずもって、ゴルフを始めた日ですね。その日は、まさに自らのベストスコアを最初に記録したすごい日だと思います。

 20数年前、私にもそんな日がありました。デビュー戦は、確か140台だったと思います。それから、何回ベストスコアを更新したことでしょう。そのたびに、心地よい気分を味わってきました。

 まあでも、最終的には10数年前に「75」を出して以来、記録の更新はできていません。よっぽど暇になって、お金も有り余る状態にならない限り、「75」のベストスコアを更新することはないでしょうね……。

 それはともかく、伸び盛りのみなさんは、がんばってベストスコアを更新して、同伴プレーヤーなどに焼肉でもおごってもらいましょう。

 とはいえ、「140」のスコアじゃあ、誰もご馳走なんてしてくれませんよ。「ベストスコアを更新したぜ!」と人様に吹聴し歓待を受けられるのは、やはり「100」を切ってからでしょう。