2015.11.05

【木村和久連載】ゴルフの練習はどんなペースでやったらいいか

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第28回

 今回は、簡単ながら、難しいテーマです。ゴルフの練習は、どんな感じでこなせばいいのか、です。

 練習すればするほどうまくなりますから、時間が空いているときは、どんどんやりましょう。私の知り合いには、シングルさんが何人かいますが、みなさん練習好きです。うまい人ほど、たくさん練習をして、いっぱいラウンドをしているのは、間違いないようです。

 ある程度技術を習得して、腕前が上がった人のゴルフ生活は、1年間でラウンドが50回以上、練習が最低50回。それで、シングルの腕前は維持できます。

 じゃあ、もっとうまくなろうとする人はどうか?

 そうですね、週2回練習すれば、相当うまくなるんじゃないですか。ラウンドは、毎週するのが理想。どこかの倶楽部のメンバーとなって、週末は必ずゴルフ場にいる、という生活でしょうか。

 たくさん練習する人は、進歩が早いというか、対応できる範囲が広がります。つまり、苦手クラブの克服とかですね。そういうところにも、積極的に踏み込んでいければ、ハンデキャップが上がっていきます。

 以上、ここまでが理想のお話です。

 現実は、週2回の練習なんてありえません。週1回すら無理なのに、ダメポです。

 まあ、アマチュアゴルファーのほとんどは、それが普通でしょう。でも、いいんです。私もそうですから。