2015.06.23

難コースに苦戦。松山英樹、「日本育ち」ゆえの全米オープン18位

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

思うようにパットが決まらず、天を仰ぐ松山英樹。 今季メジャー第2弾の全米オープン(6月18日~21日)がワシントン州のチェンバーズベイGC(パー70)で開催された。優勝は、通算5アンダーのジョーダン・スピース(21歳/アメリカ)。マスターズ(4月9日~12日/ジョージア州)に続いて、メジャー大会2連勝を飾った。過去、同一年度にマスターズと全米オープンを制したことがあるのは、ジャック・ニクラウスやタイガー・ウッズら5人だけ。J・スピースは、そんな史上6人目となる快挙を最年少記録で達成した。

 一方、日本勢注目の松山英樹(23歳)は、4日間通算3オーバー、18位タイに終わった。日本人選手初のメジャー制覇も期待されたが、出場選手の多くが嘆いていた"難コース"に、松山も苦しめられた。

 松山自身、試合前からプロトーナメント初開催で、全米オープンでは異例となる"リンクス"コースに警戒していた。

「コースは難しい。やっぱり(距離が)長いですし、グリーン周りからも(パットの)タッチを合わせるのが大変ですから。また、グリーンに乗ればまだいいですけど、外してはいけないところというか、(ボールを)落としてはいけないところがかなりある。その分、結構頭を使いますね。傾斜を利用してカップに寄せたりもできますけど、一歩間違えたら大変なことになりますし。とにかく、そんなにバーディーはとれないだろうから、できるだけボギーやダブルボギーを叩かないようにしたい」