2015.05.21

【ゴルフ】森田理香子の素顔「実は、クールに装っているだけ」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

5月特集 いま見るなら、女子ゴルフ(4)
森田理香子インタビュー(後編)

練習をすれば成績がついてくると
それを心の支えにやっている

 森田理香子(25歳)は、自身の性格を「ゴルフに向いていない」と断言する。「もっと性格が自己中だったら」とも言う。ただ、その性格がゴルフ向きか不向きかは、もはや関係ない次元に彼女はいる。なぜなら、ひとつだけ確かなことがあるからだ。

「ゴルフが好き」

 トッププロの知られざる、内面とプライベートを聞いた。
前編はこちら>

プレイ中とは違って、インタビュー中は終始笑顔が絶えなかった森田理香子。――プロ8年目の25歳。森田選手は、若手でしょうか? 中堅でしょうか?

森田 明らかに若手じゃないですね(笑)。中堅です。だって、18歳の子もいるし。私が18歳のとき、25歳の人にはこう思われていたんだなって。

――どう思われていたと思うんですか?

森田「若いっていいな」って。私もまだ若いんですけどね(笑)。

――どんな部分がうらやましいですか?

森田 元気があるし、怖いものを知らない感じ。私も、アマチュアのときやプロになり立ての頃は、プレイに関しては何も怖いものがなくて。もうイケイケでやっていました。シーズンを重ねていくうちに、ゴルフの怖さや深さを知って、知り過ぎて、ガツガツいかなくなった部分があるというか。強気一辺倒じゃなくて、ちょっと警戒しながらっていう部分は、10代の頃に比べたら増えましたね。