2015.01.26

過去2年とは違う。石川遼が2015年の初陣で見せた「変化」

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

 2014-2015年米ツアーのヒュマナ・チャレンジ(1月22日~25日/カリフォルニア州)に石川遼が参戦。2015年の初戦を迎えた。

「今年は(ツアー参戦に向けて)ワクワク感しかない。決して、今の状態が絶好調と言うわけではないけど、年末に3週間の合宿(沖縄県)を消化して、そこで1年間を通してやっていくことが見つけられた。同時に、体力もついたし、飛距離も伸びている。今やっていることに手応えを感じていて、(試合が)すごく楽しみで仕方がない」

 試合前、そう語って上位進出を狙った石川だったが、3つの異なるコース()を回る3日間の予選ラウンドで、通算6アンダー、85位タイでフィニッシュ。上位70位タイまでが進める決勝ラウンド進出はならなかった。
※予選ラウンド(3日間)では、PGAウェスト・パーマーコース(6950ヤード/パー72)、PGAウェスト・ニクラウスコース(6924ヤード/パー72)、ラキンタCC(7060ヤード/パー72)の3つのコースをラウンド。最終日の決勝ラウンドはパーマーコースを使用。

2015年の初戦は予選落ちに終わった石川遼。 アマチュアも参加する同トーナメントは、予選ラウンドではプロふたり、アマふたりの計4人が同組でプレイ。そうしたスタイルも「楽しいし、好き」という石川は初日、2番でバーディーが先行し、幸先のいいスタートを切った。

 その後も、同組のアマチュア選手と談笑するなど、終始リラックスした表情を見せ、13番でこの日4つ目のバーディーを奪取。「一日、4アンダーか、5アンダーで回りたい」という目標どおりのゴルフを展開し、スコアを3アンダーまで伸ばした。が、15番パー3で痛恨のダブルボギー。16番のバーディーでひとつ取り戻すも、18番パー5でもボギーを叩いて、初日は結局1アンダー、89位タイで終えた。

「今年、初めての試合で、探り、探りという感じだった。試合感という意味でも、まだまだでしたね。それでも、全体的には悪くないスタートでした。(新しい)ドライバーも、パットも、問題ありませんでした。パットは、ロングパットの距離感がポイントだったけど、いいストロークができていたし、一度もショートしなかったのはよかった。6週間ぶりの試合で、これだけバーディーを奪えた(5つ)ということも、自分としては上出来。何もさせてもらえなかったということはなかったし、(今年も米ツアーで)戦える手応えが感じられました」